【第9回】 掛時計の外枠は何で出来ているの?

2015.09.02 Wednesday

0
    JUGEMテーマ:ネットショップ
    みなさま、こんにちは楽しい

    今回も前回からの続き【掛時計の外枠は何で出来ているの?】です。

    前回にご紹介した試作二号ですが、どうしても実現したい「分解ができる」という
    部分を実現する為に、一号と二号の良い部分を取り入れた外枠の再設計することになりました。

    素材は第二号から取り入れたMDFを引き続きで使用することにしました。
    問題は一号ではっきりした「合わせ目」をどうするかという部分です
    ショック

    組立後に合わせ目を消す事はできますが、それでは分解が困難になります。
    う〜〜〜ん。。。
    しょんぼり

    ・・・どうしても隠せないなら、逆に合わせ目が見える前提のデザインはどうなんだろうか?
    という発想からでてきたのが、外枠そのものを段つきにしてしまえというものでした。

    組立・分解も簡単で合わせ目が見えていても違和感がない形という事で完成したのがこの外枠です
    拍手

    円型・角型共にベーシックスタイルをおさえつつ、外観も特徴があってインパクトを打ち出せます。

    これで形は出来たのですが、もうひとつ難題が顔を出してきました冷や汗
    それは、材料に使っている「MDF」という素材が塗装にあまり向いていないことです
    あせあせ
    また、削り出しで出来上がったものなので、この状態では表面はガタガタでザラザラした状態です。

    さて〜どうしたものか
    汗・・いろいろな対処法を調査しつつ・・・次回へつづく!?

    【お知らせ】→まだ先になりますが、東京ビッグサイトにて11月21,22日開催予定の
           『デザインフェスタ Vol.42』に出展することになりました。


    普段は現物を手にとって見ていただく機会がないものなので、お時間ありましたら
    お立ち寄り頂けると嬉しいです。
    出展の詳細が決定しましたら、改めてお知らせしますので、よろしくお願いします
    !!!

    では、次回もヨロシクお願いします。

    ↓オフィシャル販売サイトはこちらです↓
    「MADE IN JAPAN」日本製のこだわり掛時計

    TOKYO CLOCK
     
    コメント
    コメントする