【第7回】掛時計の外枠は何で出来ているの?

2015.08.11 Tuesday

0
    JUGEMテーマ:ネットショップ
    みなさま、こんにちは星

    今回は第5回のブログで書きました
    【掛時計の外枠は何で出来ているの? 曚梁海を書いてみたいと
    思います
    嬉しい

    「TOKYO CLOCK」で使っている掛時計の外枠はオリジナルで制作
    されているもので現在の形になるまでに何度も試作を繰り返されて
    完成したものです。

    矢印角型です。
    一見では木材っぽくないのですが、大きな木材板から削りだされて
    作られています。


    しかし、この形になるまでにいろんな形状の試作を経ています。
    その第一号がこちらです
    矢印

    シンプルな形状ですが、単純に角材を切ったり、板を入れるための
    溝を入れたりという行程が思っていたより大変な作業でした
    Docomo108

    そして、大変な作業の主な理由は下の画像のようにしたからです。

    ご覧のように組み上げ後でも、分解できるように設計したのです。
    文字板の補修や機械部分の交換をする為の分解可能な形ですね。


    メンテナンスが容易になるのは自分としてもありがたいことですが
    組立の行程が想像以上に複雑化して・・そして致命的な欠点が・・


    上の画像のように、側面には大きく目立つ部品の合わせ目が出現ゆう★

    設計段階で少しは出てくるだろう事は想定していましたが
    実際に出来上がると想定以上に合わせ目が目立つようで
    この形では、インテリアアイテムとしては正直キビシイと思います。

    気を取り直して、次の試作に取り掛かるわけですが・・次回へつづく
    顔



    【お知らせ】→まだ先になりますが、東京ビッグサイトにて11月21,22日開催予定の
           『デザインフェスタ Vol.42』に出展することになりました。


    普段は現物を手にとって見ていただく機会がないものなので、お時間ありましたら
    お立ち寄り頂けると嬉しいです。
    出展の詳細が決定しましたら、改めてお知らせしますので、よろしくお願いします
    !!!

    では、次回もヨロシクお願いします。

    ↓オフィシャル販売サイトはこちらです↓
    「MADE IN JAPAN」日本製のこだわり掛時計

    TOKYO CLOCK
     
    コメント
    コメントする