「東京時計探訪」 秋葉原で見かけた時計

2019.02.21 Thursday

0

    前回のブログでお知らせさせてもらいましたが

    東京の街をブラブラ散歩しながら時計を探す

    「TOKYO CLOCK WALKING」を「YouTube」に

    動画をアップいたしました。

    今回はこの時計を詳しく見てみたいと思います。

     

    リング状にカットした板2枚を12本のパイプでつなぎ合わせて

    中央にムーブメント(機械部分)とそれを支えるパイプで固定した

    とてもシンプルなデザインです。

    これはなかなかのアイデアと言える形だと思います。

     

    斜めから見るとこんな感じです。

    あんまりにシンプルで風景に溶け込んでいるので

    はじめは見落としそうになりました(汗)

     

    デザインと色使い、共に素晴らしいのですが、惜しいと思ったのが

    とても汚れていて・・残念だなと (^^;

    だれか〜掃除してやって下さいな。。

     

    ↑こちらが、その動画です。

     10分ほどに分割した動画なので、気楽に見て下さい(^^)

     

    ↑ちなみにこちらは、前編も含んだ通しの動画になります(約23分)

     

    これら以外にも「銀座編」をアップしていますので、お時間あれば

    観てもらえると嬉しいです↓

    次回のブログでは、この銀座で見かけた時計たちを順番に詳しく

    見てみたいと思います。

     

    次回も宜しくお願いします!

     

    ▼【TOKYO CLOCK ホームページ】
    http://tokyoclock.jp/

    ▼【TOKYO CLOCK ヤフオク店】
    https://auctions.yahoo.co.jp/seller/watch_journal_2006

    ▼【TOKYO CLOCK メルカリ店】
    https://www.mercari.com/jp/u/952235310/

     

     

    「Youtube」に動画アップしました

    2019.01.24 Thursday

    0

      タイトルにあるように「YouTube」に動画をアップいたしました。

      東京の街をブラブラ歩きながら見かけた時計たちを動画に集めてみました。

      今のところ、何カ所か撮り歩いていますが、街によって時計を多く見かけたり

      逆になかなか時計を見つけることができなかったり(汗)

       

      TOKYO CLOCK WALKING 東京時計探訪 【秋葉原 全編】 Akihabara 东京 秋叶原 散步

       

      この「秋葉原編」は、まさしく後者の「時計があまりない」街でした。

      なので、ほとんど散歩動画になってしまいましたが、それも良しです。

      時間は20分少々ですが、分割した動画もありますので、気軽にご覧ください。

       

      このブログでは、動画の中に出てきた時計たちをより詳しく取り上げて

      記事にしてみたいと思います。

       

      次回のブログで「秋葉原編」に出てきた時計を紹介します。

      宜しくお願いします!

      【第17回】 『組子掛時計の文字板がどのようなところで作られているか』を追加しました

      2016.05.29 Sunday

      0
        JUGEMテーマ:ネットショップ
        みなさん、こんにちは 嬉しい

        ショップサイトのコンテンツに新たにページを追加しました
        !!!

        『組子掛時計の文字板がどのようなところで作られているか』ですグッド
        http://tokyoclock.jp/?tid=3&mode=f6


        ショップサイトへのお問合せを頂く中、また、デザインフェスタに出展した際に
        『組子がどのような感じで作られているんですか?』というご質問をよくお受けしました。



        実際の文字板が出来るまでの工程は、まだショップが出来上がる前に福井県の越前市に
        あります工房にお邪魔させていただきまして、おおまかな工程を画像に収めていましたが
        こうしてご紹介するには足りない部分がたくさんありましたので、数ヶ月前に改めてですが
        工房にお邪魔させていただいて取材をしました。



        文字板にする組子のデザインや寸法取り、そして制材から染色・組立までのたくさんの
        工程を経て組子掛時計の文字板が出来上がる様子を御覧いただけます
        楽しい

        また、文字板以外にも本来の組子が使用されている製品もどのようなものがあるのか
        一部ではありますが、画像にて御覧いただけます
        拍手


        では、次回もヨロシクお願いします。

        ↓オフィシャル販売サイトはこちらです↓
        「MADE IN JAPAN」日本製のこだわり掛時計
        TOKYO CLOCK

         

        【第16回】新作登場!ちょっと怖い?「赤鬼」と「髑髏」の掛時計

        2015.12.08 Tuesday

        0
          JUGEMテーマ:ネットショップ
          新作情報です楽しい
          【Graphic Art Clock】シリーズにて、新作2点が登場しました。


          ★詳しくはこちらをクリック→ 「TOKYO CLOCK【赤鬼の舞】」



          ★詳しくはこちらをクリック→ 「TOKYO CLOCK【沈黙の髑髏 〜 Silence Skull】」

          今回の新作は「ちょっと怖い系」となっています。
          いわゆるモンスターとか妖怪に興味が有ったことと「ちょっと見たことないなぁ」と思わせる
          モチーフの掛時計があっても良いのではないかと考えていました
          びっくり

          どちらも「怖い系」の日本的な部分を出しながら、掛時計としてディスプレイできるかというところに
          焦点を当ててみた作品と言えるでしょう。

          「どんな部屋に使えるか?」・・う〜〜ん、、、「個性的な部屋」・・かなイヒヒイヒヒイヒヒ

          では、次回もヨロシクお願いします。

          ↓オフィシャル販売サイトはこちらです↓
          「MADE IN JAPAN」日本製のこだわり掛時計

          TOKYO CLOCK
           

          【第15回】 『デザインフェスタ Vol.42』に参加しました

          2015.12.06 Sunday

          0
            JUGEMテーマ:ネットショップ
            みなさん、こんにちは 嬉しい

            以前に告知させていただいた通りに11月下旬に東京ビッグサイトへ
            『デザインフェスタ Vol.42』に参加してきました。



            ネットショップ開店後はじめてのイベント参加ということで、一人でも多くの方々に
            現物の掛時計を見ていただけました。

            全ての掛時計を一度に展示するにはスペースが足りない状況でしたので、時間を区切って
            掛時計を入れ替えたりして思っていたより結構大変でした
            ゆう★


            いろんな方に声を掛けていただいたり、掛時計の材料や制作手順の質問など頂きました。
            それらの声を近いうちに販売サイトに「よくある質問など」の形でコーナーを新設したいと
            考えています。

            今回の参加を受けて、やはりリアルの場所でたくさんの方に見ていただくことが最良だと
            実感しましたね
            (ニコ)
            そんなこともあり次回のデザインフェスタ(2016年 5月開催予定)にも参加する事を
            決めました。
            楽しい

            今回同様に参加する為には抽選に当選しないと参加できませんので運次第なんです。。
            はやく次回のイベント来ませんかね〜顔


            では、次回もヨロシクお願いします。

            ↓オフィシャル販売サイトはこちらです↓
            「MADE IN JAPAN」日本製のこだわり掛時計
            TOKYO CLOCK